チームマイナス6%

hertreas
 

「チームマイナス6パーセント」と呼ばれるものがありますが、これは一体どのようなものであるのかと言うと、近年の地球ではさまざまな環境の汚染が問題に なっています。古くは戦争の核や、日本の水銀などの公害もありましたし、最近の記憶に新しい環境汚染といえば原子力発電所がらみのものが日本人をはじめと した人々の記憶に大きく残っています。

 

しかしそれよりも、自動車産業が発達するにしたがって、その自動車が吐き出す排気ガスに含まれる二酸化炭素や温室効 果ガスにおける環境汚染が問題となっています。自動車は今や私たちの生活に欠かせない便利なものとなっていますが、デメリットとしてこうした環境の汚染に つながることもあり、これをなるべくおさえるために日本政府が打ち出したプロジェクトです。このプロジェクトですが、今はもう別の政策に切り替わっていま すので過去形のプロジェクトになりました。

 

ですが、この取り組みに参加していた日本の企業は日本政府がトップに立って主導していただけに決して少なくは無 く、実に多くの企業が参加した、環境汚染に対する日本独自の取り組みであると言えますし、その日本が世界に誇ることの出来る取り組みであるとも言えるで しょう。