目的と参加方法

この政府が主導していたプロジェクト、「チームマイナス6パーセント」の目的はと言うと、京都議定書のときに「1990年からくらべて、温室効果ガスの排 出量を2008年から2012年のあいだに、合計で6パーセント削減することを目指す」として義務付けられました。この目標を達成するために、まず政府は 地球温暖化対策推進本部に、この目標を達成することが出来るような計画を作るように指示をしました。それが「京都議定書目標達成計画」です。

 

そしてこの計 画の中で、地球温暖化へむけての対策であったり、その対策方法を国民にむけてつたえるために、国民運動としては大規模なものになる「チームマイナス6パー セント」が完成したと言うわけでした。このような背景があって、京都議定書からはじまったとも言うべきこのプロジェクトへは多数の企業や団体が参加しまし たが、その参加方法はと言うと実に簡単であり、「アクションプラン」とされた節水や節電、アイドリングストップなどの中から自分にできそうなものを選ん で、それを申請したり実行したりというだけのことです。これだけで参加したことになり、参加していることをコマーシャルなどでアピールして売り上げにつな げる企業もありました。