チャレンジ25キャンペーン

「チームマイナス6パーセント」は2009年に終わりをむかえました。それは何故かと言うと、この後に続いた、現在でも取り組みがなされているプロジェク トである「チャレンジ25キャンペーン」への発展が決まったからです。

 

なので実質的に言えばチームマイナス6パーセントは完全に終わったわけではなく、こ れらの取り組みの一部がこのチャレンジ25キャンペーンへとつながっていると言うわけです。基本的には内容は変わらず、個人と個人の取り組みから地域ぐる みの取り組みへと発展させていったりと言った、エコに対する意識の拡大であったり、政策情報の提供をしたりと言ったことでさらに環境保全への取り組み、環 境汚染の抑制をすると言うものです。

 

特にCO2の排出はまだまだ根深い問題ですから、CO2を排出する量が多い会社のオフィスであったり、一般家庭などに 削減をしてもらえるように呼びかけていくものです。このようにして日本はまだまだこれから先も環境保全への取り組みは欠かさないようにしていく方針を取っ ていますし、それは自分の世代だけではなく、自分たちが生んだ子供や、その子供が生んだ孫の世代、それからその先の世代まで続けていくことが出来るように しているのです。

 

 

 

クールビズ・ウォームビズ

一昔前に、日本の中で社会現象になり、とても有名になった言葉がありました。それが『クールビズ』と『ウォームビズ』です。これは一般的にはどのようなこ ととして認識されていたのかと言えば、「スーツのジャケット、またはネクタイなどを外してすっきりとした夏の格好にする」と言うことがクールビズ、その反 対の意味としてのウォームビズは「内側にベストやニットなどを着込む服装のスタイル」と言うような解釈がされることがとても多いものでした。

 

しかし、本来 の意味としては必ずしもそう言うものではなく、クールビズが「冷房の温度を28度に設定したときにでも、快適に過ごすことの出来る商品」であり、ウォーム ビズは「暖房の設定を20度としても快適に過ごすことの出来る商品」とされていたのでありました。

 

なのでクールビズの内容によっては違いがあり、アロハ シャツでも基本的には大丈夫と言うところがあれば、その土地特有の服装でも大丈夫と言うことでもありましたし、実際にそのような格好が見られる場面もあり ましたので、ノーネクタイ、ノージャケットだけがクールビズではないのでした。それからウォームビズも「動きやすくて、格好良くて、暖かい」ものがそもそ もの意味でした。

 

 

 

 

 

主な取り組み

チームマイナス6パーセントはどのような取り組みをしているのかが気になることですが、これはテレビのコマーシャルなどでも放映されたことから知っている 人は多いものです。温室効果ガスは私たちの日常生活から排出されるものが圧倒的に多く、中でも自動車の排気ガスや、電気、水道と言った生活に欠かせないも のから意識を自分たちで変えていくことによって、地球温暖化の防止につなげていこうと言うものです。

 

具体的にはまず、シャワーを止めたりお風呂のお湯をな るべく多くためすぎないようにすると言った節水、つかっていないところの電気を消す、コンセントは必要なとき以外はプラグから抜いておくようにすると言う ような節電があります。それから自動車を持っている人は、人を待っているときに自動車のエンジンを切って置くようにするアイドリングストップ運動がありま すが、これは現在のエンジンの技術につながるものでもありました。それからお店で何か物を買うときに、エコロジーな製品を買うように心がける、無駄なもの は買わないようにすると言うこともあれば、今のレジ袋有料化のように過剰につつんでもらうと言うことを避けると言うことなど、たくさんのエコな考え方が生 み出されたのです。

 

 

 

 

 

取り組みの内容

ミュゼ八王子|知らなきゃ損!WEBでお得に!
earth300環境問題への取り組みの一環として、政府自体がプロジェクトを引っ張っていくリーダーとして日本国内のみで行なわれていたプロジェクトが「チームマイナス 6パーセント」ですが、このプロジェクトの中では実際にどのような取り組みがなされていたのでしょうか。

 

このプロジェクトのきっかけとなった2005年の 京都議定書の中においては、「1990年当時とくらべて、2008年から2012年のあいだで、温室効果ガスの削減していく割合は6パーセントを目標とす る」と言うものでしたが、これに対してまず日本政府が打ち出したプロジェクトの内容は、一昔前の社会現象として有名になった『クールビズ』や『ウォームビ ズ』が挙げられます。

 

ネクタイを外して、ジャケットとワイシャツとズボンのみの服装がありますが、本来の意味としてはクールビズが「冷房の温度を28度に 設定したときでも、快適に過ごすことの出来る商品にもちいられる称号」であり、ウォームビズは「暖房の設定を20度としても快適に過ごすことの出来る商品 にもちいられる称号」でありました。このほかにも節電や節水などの取り組みがありましたが、現在ではその先の「チャレンジ25キャンペーン」に引き継がれ ています。

 

 

 
ミュゼ大宮