チャレンジ25キャンペーン

「チームマイナス6パーセント」は2009年に終わりをむかえました。それは何故かと言うと、この後に続いた、現在でも取り組みがなされているプロジェク トである「チャレンジ25キャンペーン」への発展が決まったからです。

 

なので実質的に言えばチームマイナス6パーセントは完全に終わったわけではなく、こ れらの取り組みの一部がこのチャレンジ25キャンペーンへとつながっていると言うわけです。基本的には内容は変わらず、個人と個人の取り組みから地域ぐる みの取り組みへと発展させていったりと言った、エコに対する意識の拡大であったり、政策情報の提供をしたりと言ったことでさらに環境保全への取り組み、環 境汚染の抑制をすると言うものです。

 

特にCO2の排出はまだまだ根深い問題ですから、CO2を排出する量が多い会社のオフィスであったり、一般家庭などに 削減をしてもらえるように呼びかけていくものです。このようにして日本はまだまだこれから先も環境保全への取り組みは欠かさないようにしていく方針を取っ ていますし、それは自分の世代だけではなく、自分たちが生んだ子供や、その子供が生んだ孫の世代、それからその先の世代まで続けていくことが出来るように しているのです。