処分について

010351

 

グリーン購入法で注意よく考えないといけないのが、使いきった物の処理です。これをよく考えないで処理をしてしまうと若干グリーン購入法としては良くないことになる場合が在りますので注意してください。

 
物によっては使いきった後でも、交換などをして更に使うことが出来る物が在りますが、車はそのようなことがほとんどの場合出来ないでしょう。車の場合は、確かに中身の部品を総入れ替えすれば使うこと自体は問題ないですね。しかし、それをするとなると、かなりの資金を使用する上に、新しく購入したほうが良い場合がほとんどでしょう。それに、中身だけ変えたとしても、車体に蓄積したダメージが車体を壊す場合が在りますので注意してください。

 
上記の説明したように、車の場合は中身を入れ替えて再度使うことができません。だから、結構使った場合などは中身を入れ替える以外の方法を探さないといけないでしょう。例えば、大丈夫な部品だけを取り出して他に提供すると言う方法がありますね。古くなったとは言え、しっかりと使える部品が無いわけではありません。そのような部品を再利用するという方法でグリーン購入法として適用することが出来るかもしれませんので、よく考えて処理してくださいね。
このように使い続けた車を処理することが出来るのでよく考えましょう。